処分料金が高い廃棄物|大型機械を導入したガレキ選別の特徴を理解しよう

大型機械を導入したガレキ選別の特徴を理解しよう

処分料金が高い廃棄物

作業員

分別処分

解体工事や建築現場、大きな公共工事が行われている現場では多くの廃棄物が出てきます。その廃棄物の多くが燃える物や燃えないもの、金属やアスファルトやコンクリートなどすべてが混ざった状態で出されてきます。これを混合廃棄物と呼んでいます。これらの工事で出てきた混合廃棄物は、産業で出てきた廃棄物になりますので産業廃棄物場に運んで適切に処分をしなければならないことになっています。あちらこちらに違法に廃棄してはいけません。混合廃棄物が持ち込まれた産業廃棄物場では、廃棄物を種類ごとの分別を行って、焼却ができるものは焼却に、リサイクルができるものはリサイクルに、埋め立てるものは埋め立てにと廃棄物の分別を行ってから処分していきます。

現場で分別を行って

固いプラスチックなどは、廃棄物処理場で破砕されて小さくして廃棄物の減量を行っていきます。産業廃棄物処分場での混合廃棄物の分別はほとんどが人力になります。分別されたものの移動や破砕は、大きな機械が行いますが最初に廃棄物の分別を行うのは人間です。混合廃棄物の分別は人件費がかかってくるために、廃棄物場に持ち込まれた時には、分別されている廃棄物よりも高額な処分料金が必要になってきます。その逆で混合されていない分別された状態で持ち込むと、処分場への持ち込み料金が随分と安くなります。最近は混合廃棄物の廃棄コストを下げるため、工事現場で積極的に廃棄物の分別を行って、分別された状態で廃棄場に持ち込んでいる企業も多くなっています。