公共事業拡大で需要増|大型機械を導入したガレキ選別の特徴を理解しよう

大型機械を導入したガレキ選別の特徴を理解しよう

公共事業拡大で需要増

メンズ

許可を得ている業者に依頼

廃棄物は、産業廃棄物と一般廃棄物に分類されます。分類の基準は、事業活動に伴って生じた廃棄物が産業廃棄物で、法律で廃棄物の種類が規定されています。事業者は、原則として自ら産出した産業廃棄物は自己責任で処理するか、許可得ている産業廃棄物処理業者に委託して処理を実施しなければなりません。産業廃棄物の処理を委託する場合には委託基準というルールがあります。このルールには、事業者と産業廃棄物処理業者と委託契約の締結や産業廃棄物管理票(マニフェスト)での履行確認が義務付けられています。 産業廃棄物処理業者は、一般的に処理を行おうとする都道府県知事等の許可を受けないと他人の出した廃棄物は処理することができません。また、マニフェストの作成はもちろん、処理実績の帳簿について整備しておくことも厳重に義務付けられています。

今後需要が見込まれる

産業廃棄物処理業者は、一般的に市町村などでは処理してくれない廃棄物を回収して処分してくれるので需要が増えています。業者によっては、ゴミの分別についても必要なく、平日休日関係なく対応してくれるところも多くあります。無許可業者への横流しや不法投棄が横行した時代がありましたが、現在は、不法投棄が発覚すると企業活動の大きなイメージダウンになるとともに、原状復帰も行わなければならないので、業者へ委託する処理費など比較にならないほど多くの費用も掛かってしまいます。4年後に東京オリンピックを迎えるにあたり、各種会場準備や道路整備など大規模な公共事業が行われると同時に、多くの建物や道路も壊されて産業廃棄物となります。公共事業を進める上で、必ず行わなければならないのが産業廃棄物対策です。今後大きな需要が見込まれるとともに、効率的な処理体制の整備も産業廃棄物処理業者に求められています。