大型機械を導入したガレキ選別の特徴を理解しよう

処分料金が高い廃棄物

作業員

混合廃棄物を産業廃棄物処分場に持ち込むときは、割高の処分料金を払わなければなりません。混合廃棄物の分別を行うのが、人間になりますのでそれだけコストが高くなります。廃棄物の廃棄コストを下げるために、現場で分別を行って廃棄場に廃棄物を持ち込む企業も多くなっています。

Read More..

公共事業拡大で需要増

メンズ

事業者が出す廃棄物である産業廃棄物は、法律で廃棄物の種類が規定されており、許可得ている処理業者に委託して処理を実施しなければなりません。産業廃棄物対策は、今後大きな需要が見込まれるとともに、効率的な処理体制の整備も産業廃棄物処理業者に求められています。

Read More..

リサイクル可能な建築廃材

重機

進化した選別技術

住宅などを解体する際には昔はすべて手作業で行っていたため、木材など再利用できる資材だけを収集することも比較的容易でした。現在では重機などを使って効率化した機械解体が主流となっており、解体作業に伴って大量の混合ガレキが発生します。従来はそうしたガレキも大半が廃棄処分され、再利用できる金属や木材なども含めて埋め立てられていました。近年ではそうした建築廃材にも可能な限りのリサイクルが義務づけられるようになり、再利用可能な金属等の選別技術も発達しています。木材やコンクリート・金属・プラスチックなどさまざまな材料が混合したガレキを選別機に投入することで、それぞれ目的に応じた資材が選り分けられるのです。例えばそうした建築廃材の中で最も利用価値の高い金属の場合では、再処理施設に持ち込むことで新たな金属材料として再生させることができます。ガレキ選別技術の進化によってさまざまな金属資源が有効活用されることとなり、結果的に全体のコスト削減が期待されるのです。最近では移動式の選別機が多く開発されて解体現場でも活躍しており、ガレキ選別機を所有する処理施設への運搬費用が節約できることから人気を集めています。

さまざまな選別方式

ガレキ選別に使われる大型機械にも多くの種類があって、複数の選別方式を経ることで建築廃材の中から目的物を細かく選別することができます。代表的な方式としては振動の原理を使って選別する機械の他、投入したガレキを回転させることで選別する機械があります。いずれも大きいガレキと小さいガレキを選別するのに向いた方式ですが、処理するガレキの量が多い場合に効率が高いのは回転式の方です。この他にも風力を使ってガレキ選別を行う装置や比重の違いを利用して選別する機械があり、いずれも重いガレキと軽いガレキを選り分けるのに役立ちます。混合ガレキの中から金属だけを選び出すには、強力な磁石を内蔵した金属選別機が欠かせません。この他にも高感度センサーを内蔵した光学選別機でプラスチック・紙・木くずなどを選別する方式や、金属をミリ単位で検出し選別する技術も開発されています。近年ではこうしたガレキ選別機もハイテク化しており、センサーと連動した電子処理によって高度な選別も可能となりました。ガレキの中から高精度に選別された再利用可能な材料が再処理施設に運ばれ、新たな建築資材やリサイクル製品として生まれ変わっているのです。

正しい方法があります

工事

産廃は企業にとって本当に大事なポイントになります。産廃を正しく処理することが求められます。しかし単純に処理するだけではなく、出さないことや再利用に関しても考えることが大事です。更に業者に産廃の処理を依頼する場合には契約書類を交わすことが大事です。

Read More..